前へ
次へ

メンタルヘルスを考えた肩こりがあります

現代社会には今までになかった考え方が新しく出てきていて特に「メンタルヘルス」という考え方は、働いているビジネスマンにとっても価値を変えるだけの要因といえます。まず心の健康がイコールしてメンタルヘルスになり、心の健康が病んでいると回復することを優先させたり、健康維持や増進をさせることで本当の意味での健康ということが言えます。これは昔のウエルネスの概念と同じようにとらえられるのですが、例えばたばこを吸っていてアルコールも飲み暴飲暴食を繰り返していても、病気をしない人もいます。反対にたばこもアルコールもやらないが病気をもっていて、健康になるためにライフスタイルを努力している人もいます。これはどちらがウエルネスの概念で健康というと、実は後者のほうが健康だということを定義しています。メンタルヘルスでも病気じゃやないから何でもやっていいというのがうらやましいのではなく、健康に通じる活動を日々やっていることが重要です。肩こりが酷い人でも同じようにメンタルヘルスを考えなくてはいけないのと、何よりも精神的なストレスが高くなると自己判断を失う可能性もあります。働く人のメンタルヘルスには企業がケアをすることが望まれますが、それが行届かない場合には家族が気をつけてあげることです。家族が気をつけるというのは、普段から肩こりや腰痛が酷いという人の場合にはマッサージだけではなく、言動に注意してストレスチェックをすることも一つの方法になります。言動に注意するのは、物忘れが多くなってきたとか暴力的になってきたなど、今までとは違う人になってきたと感じることでメンタルヘルスを整えることが必要になります。またいきなりメンタルヘルスを疑って心療内科などにいかなくても、インターネットを使ったストレスチェックができるのでそれもやってみることです。これらの方法をやっておくことで、ただの疲れをとることで解消することもありますし、家庭への影響が少ないこともあります。

町田 肩こり

Page Top